ホーム   »  GSP9700
Tag | GSP9700

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HUNTER GSP9700 ホイールバランサーの実力は?ラテラルフォース編

今回は、HUNTER GSP9700 ホイールバランサーの実力を紹介しましょう。


クルマの左流れが発生しており、ホイールアライメントやホイールバランスの調整も行ってみたが、改善されず、困り果てていたそうです。

ある日、GSP9700 の存在を知り、今回に至った訳です。


タイヤは275/35ZR20、ホイールはメーカー純正20インチです。

ben_1


まずは、GSP9700で現状確認です。

GSP9700については、こちらを見てください。


GSP9700にタイヤとホイールのアッセンブリ(以下、アッセンブリ)をセットします。

今回のセット方法は、一般的な方法ではなく、こだわりのセット方法を使います。
(セット方法の細かな説明は、また今後にします)

こだわりのセット方法とは、クルマの装着状態と同じように、GSP9700に固定する方法のことです。

調整式フランジプレートとコレットを使用して、こんな感じでアッセンブリを固定します。

ben_4

ben_2


右前<1番> ⇒ 左前<2番> ⇒ 右後<3番> ⇒ 左後<4番>の順番で測定して、タイヤとホイールに番号をふります。


測定結果は、左へ 65N のラテラルフォースが発生していました。

道路は、水はけ等を考えてカマボコ状になっています。クルマは左車線を走行しているので、路面の影響で左へ流れようとします。

左へラテラルフォースが発生していた為、左流れの傾向が、更に強まったと考えられます。これが今回の原因だと思われます。


その他には、

右前<1番>のラジアルフォースは、175N、大きすぎです。(・・・これは要注意です・・・)

右後<3番>のラジアルフォースは、125N、少しだけ許容オーバーです。

ben_5




診断結果から、<1番>と<3番>のフォースマッチングラテラルフォース調整アンバランス調整を行います。


まずは、フォースマッチングから・・・

<1番>と<3番>のアッセンブリを SICE S300 レバーレスタイヤチェンジャーでばらします。

実は、この S300 も優れもので、パワフルかつデリケートな操作で、超ロープロタイヤでも綺麗にスムースに着脱できます。

ばらしたホイールをGSP9700に固定し、リムランアウトを測定します。

ben_6


タイヤの凸とホイールの凹をマークし、S300で組み直します。

ben_7


フォースマッチング後の結果は・・・

<1番>は、175N から 145N までラジアルフォースを低減できましたが、まだ許容オーバーです。

これを直すには、タイヤを交換しなければなりません。

お客様に説明し、今回は振動問題ではないので、これでロードテストしてみることになりました。

<3番>は、125N から 105N までラジアルフォースを低減でき、正常値になりました。




次は、右流れの傾向で、できるだけラテラルフォースが小さくなるように調整します。

ラジアルフォースが小さいアッセンブリを前輪に装着すると、ドライバーに振動が伝わりにくくなります。

ラジアルフォースラテラルフォースのバランスを考えると・・・


ラジアルフォースが一番大きい<1番(145N)>を、ドライバーから一番遠いところ「右後」にします。

2番目に大きい<3番(105N)>を、次に伝わりにくいところ「左後」にします。


次は、前輪です。

<4番(50N)>を「右前」にして、<2番(65N)>を「左前」にすると、右方向に 40N のラテラルフォースになりました。


今回は、調整だけでトータルバランスが、良い感じに仕上がりました。

実際には、すべて調整だけで直るとは限りません。診断してみると、タイヤやホイールの交換が必要なこともあります。

ben_8




最後に、スマートウェイトでアンバランスの修正を行い、クルマにアッセンブリを組み付け、規定トルクで均等に固定します。

それでは、ロードテストをしてみます。直っているのでしょうか? 緊張の一瞬です。


(・・・ん、戻ってきた!、結果は?・・・)

「直りました!心配していた振動も問題ありません」


左流れの悩みが、解決できてよかったです。これで作業終了になります。(作業時間は、3時間くらい)


詳細は、HUNTER GSP9700導入店にご相談ください。

理想的なホイールバランス調整! HUNTER GSP9700 ホイールバランサー

最近、増えてきている悩みの一つに、クルマの振動ハンドル流れがあります。


例えば、

タイヤやホイールを交換した後から、クルマが振動し始めたような気がする・・・

高速走行している時に 100km/h 辺りで振動が発生する・・・

タイヤを交換した後から、ハンドル流れが始まったような気がする・・・


このような症状を経験したことがないでしょうか?


今回は、世界初!実走行に近い状態で測定する事で、今まで判らなかった振動横流れの原因まで診断できる、超こだわりのホイールバランサー HUNTER GSP9700 を紹介します。

gsp9720


ハンター独自のロードローラーでタイヤに最大 635kg までの荷重を掛けて、より走行時に近い状態を再現し、ラジアルフォース(縦振動・反力)やラテラルフォース(ハンドル流れ)の測定を行い、振動横流れの原因を自動的に診断してくれます。

roller


ハンター独自のデータアームでホイールのラジアル(縦振れ)とラテラル(横振れ)のリムランアウトの測定を行い、自動的に診断してくれます。

rim_1




このバランサーのものすごい所は、フォースマッチングです。

走行時、タイヤとホイールのアッセンブリ(以下、アッセンブリ)が回転している時に、路面からの反力が一定であれば、スムースな乗り心地になります。

しかし、この反力のバラツキが大きいと振動が発生します。

これが、タイヤやホイールが原因で振動が発生する時のメカニズムになります。

ラジアル


フォースマッチングは、走行時の路面からの反力が最小(均一)になるように、タイヤとホイールの組付け状態を仕立てます。

判りやすく言うと、走行時のアッセンブリを真円に近づけるような感じです。

ちなみに、カーメーカーも新車のアッセンブリは、フォースマッチングと同じような方法で組み付けます。

フォースマッチングの調整事例については、こちらを見てください。


いわゆる、マッチングと呼ばれるものは、他にもあります。


一つ目は、ウェイトマッチングです。(数多くのマシンに採用されています)

ウェイトマッチングは、バランスウェイトが最小になるように、タイヤとホイールを組み付けます。


二つ目は、ランアウトマッチングです。

ランアウトマッチングは、空転時のアッセンブリを真円に近づけるように、タイヤとホイールを組み付けます。


ウェイトマッチングも、ランアウトマッチングも、走行時の路面からの反力は、考慮していません。




もう一つの、このバランサーのものすごい所は、ラテラルフォースです。

走行時、タイヤが回転することで発生するラテラルフォース(横流れ)を個々に診断し、最適なタイヤの取付位置を見つけだします。

こうすることで、直進安定性を、最も良い状態にすることができます。

lfm


HUNTER GSP9700HUNTER ホイールアライメントテスターを組み合わせることで、現在考えられる最高の乗り心地になります。


このような、タイヤによる横流れが発生する力を総称して、タイヤプルと言います。(プル=引っ張る)

タイヤプルが発生する原因として、一般的にコニシティが考えられます。

コニシティとは、内側と外側のサイドウォールの硬さに差が生じることで発生します。

硬さに差が生じることで、荷重が掛かると、内側と外側の直径に差が生じます。

lfm_1

つまり、円錐状のタイヤが、転がっているような状態になる訳です。

当然、円錐状であれば、どちらかに曲がってしまいます。

lfm_2

lfm_3

このようなタイヤが、前輪に装着されていると、クルマを横方向へ引っ張ろうとします。

これが、タイヤが原因で、横流れが発生する時のメカニズムになります。

lfm_4


コニシティ自体を修正することはできません。

左右輪のバランスで、流れる方向と力をコントロールしなければなりません。

後輪は、固定輪なので、アライメントで調整されている方向にタイヤは転がります。

従って、前輪と比較するとコニシティに影響されにくいです。

ラテラルフォースの調整事例については、こちらを見てください。




最後に、独自のスマートウェイト技術でウェイトバランスの修正を行って作業終了です。


ウェイトバランスが悪いと、アッセンブリが回転した時に、遠心力(振動力)が発生します。

この遠心力が大きすぎると、走行している時に振動が発生します。

スマートウェイトは、振動原因である遠心力の大きさを良否判定する新しい技術です。

ちなみに、一般的なホイールバランサーは、アンバランス量の大きさを良否判定し・・・

この辺りについては、また今度にします。

スマートウェイトについては、こちらを見てください。


実は、クルマへのアッセンブリの組み付け方も重要なんです。

この辺りについては、また今度にします。


興味のある方は、超こだわりのホイールバランサー HUNTER GSP9700 を一度お試しください。

詳細は、HUNTER GSP9700導入店にご相談ください。

プロフィール

イヤサカ/IYASAKA

Author:イヤサカ/IYASAKA
自動車試験・整備機器及びシステムの専門商社としてイヤサカは、常に一歩先の時代を想定し、今、何が求められているのかをひとつひとつきっちりと検討し、人とクルマと環境のより良い関係をユーザーの視点で創造、提案します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。