ホーム   »  振動
Tag | 振動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドル振動(シミー)

今回は、ハンドル振動(シミー現象とも言います)について説明します。

実は、振動やノイズ(異音など)は、自動車業界で高難度整備として位置づけられ、高い技術が要求されます。

プロとしては、腕の見せ所であり、他店との差別化が図れるポイントです。


ハンドル振動が生じた時には、まず、タイヤとホイールの点検を行います。


初めに、タイヤを点検します。

・ 溝の深さは大丈夫か?

・ 異常な磨耗がないか?

・ 亀裂や損傷はないか?

・ タイヤ空気圧は規定通りか?


次は、クルマを安全に持ち上げて、タイヤとホイールを点検します。

・ ハブベアリングのガタはないか?

・ タイヤやホイールの振れは大丈夫か?

shimmy_2

shimmy_1


次は、フロントホイールを外して、点検します。

・ ホイールナットやスタッドボルトに損傷がないか?

・ ホイールとハブの面合わせ部の損傷や汚れがないか?

shimmy_3

shimmy_4


過度なホイールの振れは、この面合わせ部の錆やゴミが原因かもしれません。

このとき一緒に、ホイールも点検しましょう。

・ 曲がりがないか?

・ ひび割れがないか? など・・・


次は、ホイールバランスを点検します。

ウェイトバランスは、大丈夫か?

ユニフォーミティは、大丈夫か? など・・・

ものすごいホイールバランサー HUNTER GSP9700 をご紹介します。


一通りのトラブルシューティングが完了したら、外した部品を組付けます。

社外ホイールの場合、ハブリングも大切な部品だったりします。こちらの説明は、また今度にします。


次は、ステアリング関連部品やサスペンション部品を点検します。

これらの部品の緩みやガタも振動(シミー)が発生する原因になります。


最後に、ホイールアライメントを測定します。

過度なポジティブ(プラス)キャスターも、振動(シミー)が発生する原因になります。


詳しくは、こちらの動画をご覧ください。
プロフィール

イヤサカ/IYASAKA

Author:イヤサカ/IYASAKA
自動車試験・整備機器及びシステムの専門商社としてイヤサカは、常に一歩先の時代を想定し、今、何が求められているのかをひとつひとつきっちりと検討し、人とクルマと環境のより良い関係をユーザーの視点で創造、提案します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。