ホーム   »  スラスト
Tag | スラスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドルセンターずれ(ドックトラッキング)

今回は、ハンドルセンターずれ(ドックトラッキング)について説明します。

犬(ドック)が走っているように、クルマが斜めになって走行している状態をドックトラッキングと言います。

dog_01


ドックトラッキングが発生すると、同時にハンドルセンターの異常としても現れます。

dog_03


運転手が、ドックトラッキングに気がつくことは、ほとんど無いと思います。

しかし、ハンドルセンターの異常は、すぐに気がつきます。

ハンドルセンターの大きなズレは、ドックトラッキングのサインかもしれません。


ドックトラッキングは、ホイールアライメントが、少しずつ変化することで、徐々に進行します。

なぜホイールアライメントは変わってしまうのか?については、こちらを見てください。

このような症状は、ホイールアライメントの診断が必要なことを示しています。

更に、症状が進行すると、タイヤの異常磨耗や、燃費の悪化をまねくこともあります。




ドックトラッキングは、ホイールアライメントを点検することで確認できます。

dog_4


特に、後輪のトゥスラスト角に注目します。

dog_5


例えば、大きなプラスのスラスト角が生じていたとします。

dog_6


プラスのスラスト角は、後輪が右側へ進み、下のイラストのようにドックトラッキングを引き起こします。

dog_7


マイナスのスラスト角は、後輪が左側へ進み、下のイラストのようにドックトラッキングを引き起こします。

dog_8


要するに、ドックトラッキングは、スラスト角を修正することで、適正になります。

dog_9


スラスト角を修正するには、後輪のトゥを許容内に調整します。

更に、左右のトゥを均等にすると、スラスト角は、限りなくゼロに近づきます。

dog_10


これにより、ドックトラッキングが解消されます。

dog_11




後輪のトゥに調整機構がない場合は、スラストラインアライメントを行います。

dog_12


始めに、ハンドルをセンターで固定し・・・

dog_13


次に、前輪のトゥを調整します。

dog_14


この方法は、後輪の進行方向(スラストライン)に、前輪のトゥとハンドルセンターを調整する方法です。

dog_15


こうすることで、タイヤの引きずりを小さくでき、正しい前輪アライメントと、正しいハンドルセンターになります。


残念ながら、スラスト角が大きすぎると、ドックトラッキングを直しきれないかもしれません。

このような場合は、サスペンション構成部品の損傷や磨耗状態を点検します。

dog_16


後輪のサスペンションを組み立て直し、許容内へ近づけることも必要です。


詳しくは、こちらの動画をご覧ください。
スポンサーサイト

ハンドルセンターずれ

今回は、ハンドルのセンターずれについて説明します。

真っ直ぐ走っているのに、なぜかハンドルが曲がっている、といった経験がないでしょうか?

このままでは、走行が不安定になるため、ハンドルの修正舵も多くなり、長距離ドライブは疲れてしまいます。


ハンドルのセンターずれは、ホイールアライメントが、少しずつ変化することで、徐々に進行します。

なぜホイールアライメントは変わってしまうのか?については、こちらを見てください。


このような症状は、アライメント診断が必要なことを示しています。

hc_1


更に、症状が進行すると、タイヤの異常磨耗や、燃費の悪化をまねくこともあります。




それでは、ハンドルセンターにとって、必要な条件を確認してみましょう。

まず、直進時のハンドル位置を確認します。

前輪の直進位置は、スラストラインが基準になっています。

スラストラインとは、後輪が進む方向のことです。

hc_2


前輪の直進位置と、スラストラインの関係は、4輪アライメントテスターで測定することで判ります。

サイドスリップテスターやトーインゲージでは、これを調べることはできません。

直進位置とスラストラインの関係は、こちらを見てください。


次に、修正中にハンドルが動かないように、センター位置でしっかり固定します。

hc_3


最後に、スラストラインに対して、前輪のトゥを左右均等に、許容内に修正します。




ハンター独自の「WinToe ウィントゥ」という、便利な機能を紹介しましょう。

今までは、修正中に、動こうとするハンドルを固定しているわけですから、どうしても、ステアリングリンケージ等にストレス(ヒス)が偏ってしまいます。

修正後に、テスト走行を行うと、このストレスが均一化(分散)されます。

この影響によって、ハンドルのセンターが、ずれてしまうこともあります。

よって、何度も微調整を繰り返して、ハンドルセンターの修正を行うこともあります。

WinToe ウィントゥであれば、ハンドルを固定しないで修正できるので、このような影響を受けにくいです。




思ったとおりに、修正できなかった場合、考えられる可能性として・・・

スラストラインを考慮していなかった。

◆ハンドルをセンター位置で固定していなかった(WinToe ウィントゥ以外)。

◆前輪のトゥを正確に修正していなかった。

◆後輪のトゥが変化したことでスラストラインが変わってしまった。

◆サスペンションやステアリングシステムの過度なゆるみやガタ。


このように、ハンドルのセンターずれは、前輪だけではなく、後輪も影響します。

よって、ハンドルセンターの点検は、後輪のサスペンションから始める習慣を身に付けることが重要です。


詳しくは、こちらの動画をご覧ください。
プロフィール

イヤサカ/IYASAKA

Author:イヤサカ/IYASAKA
自動車試験・整備機器及びシステムの専門商社としてイヤサカは、常に一歩先の時代を想定し、今、何が求められているのかをひとつひとつきっちりと検討し、人とクルマと環境のより良い関係をユーザーの視点で創造、提案します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。